プロがすすめるLEDアドバイス

松下進建築・照明設計室 代表 松下進さん

LED照明器具を取り入れて快適な光環境を

松下進建築・照明設計室 代表 松下進さん

心地良くなる光の色や明るさが選択できる

自分で取付けられる最新のLEDシーリングライトの中には、好みに合わせて自在に調色・調光できるタイプがあります。明るさの調整だけでなく、今まで他の光源では難しかった光の色を好みで調整できるのが魅力です。朝は昼光色で明るめにとか、夕方から夜にかけては電球色で明るさを抑えてとか、色や明るさをライフスタイルや時間の経過に合わせて自分なりに調整し、心地良いと思う明かりを見つげてみましょう。

ブラケットは眩しさに注意して

ブラケットは、見る方向によって光の見え方が変わりやすい器具です。デザインや取付位置などにより、上部から光源が見えて眩しくなる場合もあります。特にLEDは光源の小型化により、他の光源より眩しく感じます。実際にショールームなどでの確認をおすすめしています。

LEDと相性の良い足元灯

夜間、トイレなどへの移動時に主照明を点灯した後、照明の明るさのために眠れなくなったことはありませんか。明るさを抑えつつも足元の安全性を高められる足元灯が、意外と要求されています。コンパクト性と消費電力の低さという特長を併せ持つLEDは、足元灯に適した光源と言えますね。

多灯分散照明に適したLED照明器具

LEDは、消費電力の少なさや光の広がり方が選択できることから、多灯分散照明にとても適している光源です。一室一灯照明は、部屋の隅々まで明るくするような明るさで選ぶため、無駄な明るさを生んでいました。多灯分散照明なら、ダウンライトやブラケット、フロアスタンドなどを適切に配置・調光する事で無駄な光を減らすことができます。

光の広がり方に注意したいダウンライト

現在、LEDのダウンライトは、拡散・集光(広角・中角)タイプに大別されています。拡散タイプは均一に照らしたい場合や明るさ感を重視したい場合に、集光タイプは陰影のメリハリをつけたい場合に用います。一概に空間の広さで拡散・集光タイプは決定できません。設計者と相談しながら明るくする部屋と暗さを楽しむ部分を決めていきましょう。

屋外照明にはLED照明器具

省電力と省メンテナンス、さらにコンパクト性から、LEDは屋外の照明に最適です。LED+センサによる玄関灯やガーデンライトなどはさらに省エネになり、LED+センサにフラッシュ点灯機能を持つスポットライトは、防犯性を高める効果があります。

 

家電&インテリア コーディネーター 戸井田 園子さん

あなたにも手軽に交換できるLED照明。でもその前に、私からちょっとだけアドバイス

家電&インテリア コーディネーター 戸井田 園子

照明器具も家電製品の一つです

「照明器具は、ランプを交換すればいつまでも使える」と思っていませんか? 照明器具は家電製品の一つです。器具の設置後、点検&交換の目安は8~10年です。10年を過ぎた器具は、外観からは判断できない劣化が進んでいます。ご自宅の器具は、何年使用しているか確認しましょう。手軽に交換できるLED照明器具や電球形LEDランプが登場しています。この機会に、器具やランプの交換を検討してはいかがですか。

取付け簡単なLEDシーリングライト

LED照明器具は、光の広がり方や明るさなど器具ごとに設計され、完成された製品です。中でもLEDシーリングライトは、天井に引掛けシーリングがあれば簡単に取り付けられるため、現在、注目の的です。高価格帯の製品になりますが、調色・調光できるタイプに、人気が集中しています。子供の宿題は昼白色にして、食事の時は電球色かな」と話すお母さんや「ホームシアター仕様にしたい」とか「バーの気分を味わいたい」とい男性など、調色・調光には皆さん興味があるようです。
「とにかくLED照明器具を試したい」 という方は、コンセントにプラグを差せば、即LEDが体験できるフロアスタンドやデスクスタンドがおすすめです。しかし、低価格の器具の中には、LEDの光の色にばらつきがあるものもあります。小形のフロアスタンドを複数並べたら、同じ光の色のはずなのに各々差があるという例もあります。購入の際には、信頼のおけるメーカーの器具をおすすめします。
また、「LEDの寿命は20,000~40,000時間だけど、照明器具の保証期聞は」という質問を受けることがよくあります。前段でご説明したように、照明器具も家電製品の一つですから1年です。

電球形LEDランプの交換は、光の広がり方と取付位置を再確認

電球形LEDランプは、様々な製品が発売されており、皆さんが困惑している様子が見受けられます。口金・明るさ・光の色までは、ご存知の方も多いですが、光の広がり方や取付位置までは、なかなか把握できないようです。 光の広がり方で特に注意したいのは、ベンダントやフロアスタンドのランプ交換時です。セード(カバー)が、プラスチックやガラスなど透過性のある素材の場合は、「全方向が明るいタイプ」を選ぴましょう。「下方向が明るいタイプ」は、セード上部に光が回らず陰ができて、暗く感じてしまいます。 交換時にパンフレットやホームページなどで、選び方や注意を確認していただくのはもちろんですが、とりあえず1つだけ購入し、実際に装着して電球形LEDランプを体験してみるのも良いでしょう。

器具交換とランプ交換の目安

器具交換とランプ交換の目安となる一例をご紹介します。 現在、取付けられている器具の年数が、1年以上~5年未満はランプのみ交換。 10年以上なら迷わず器具交換。5年以上~10年未満の場合は、引っ越しやリフォームを考慮中は器具交換がおすすめです。また現時点で、点灯管の付いた旧式の蛍光灯器具や白熱電球を使用した器具は、省エネの点からLED照明器具や電球形LEDランプに交換しましょう。 LED照明を上手に選んで、省エネ性と快適性を兼ね備えた先進のLED照明の良さを是非実感してください。