検索

JLMAサイト内を検索

HOME > 認証 > 公共施設用照明器具 > 公共施設用照明器具 2017年度第4回確認業務受付開始について(ご連絡)

公共施設用照明器具 2017年度第4回確認業務受付開始について(ご連絡)

2017 (平成29) 年度第4回の確認業務受付を下記により開始いたします。
なお、対象規格は JIL5004-2015 「公共施設用照明器具 2016 年版」および「ガイド A109-2015 確認図作図方法」になります。申請受付は従来通り年4回とさせて頂いておりますのでよろしくお願い致します。

今回の申請受付分より(一社)日本照明工業会 ホームページに掲載の「JIL5004-2015(2016年版) 公共施設用照明器具対応機種一覧表」の内容について申請内容(新規・変更)に合わせ、該当する一覧表を下記5.申請時提出資料の「参考資料」公共施設用照明器具対応機種一覧表(記入用紙) 20171005(XLSX)にご記入いただき、合わせて提出をお願い致します。

後日確認業務小委員会にて申請された確認図を確認後、確認済となった機種につきましては反映した対応機種一覧表として再掲載させていただきます。

  確認図の有効開始日 (申請締め切り予定時期)
第1回 2017年4月1日 (2017年2月10日)
第2回 2017年7月1日 (2017年5月10日)
第3回 2017年10月1日 (2017年8月18日)
第4回 2018年1月1日 (2017年11月10日)

申請図面や光学データは「ガイド A109-2015 」 公共施設用照明器具( JIL5004 )確認図作図方法にもとづき作成いただきますようお願い申しあげます。
今回の確認申請される場合は、以下のスケジュールや方法にて申請して頂きます様よろしくお願い致します。

1.事前申請連絡

2017年11月1日 (水) までに様式1または2のみ先行で提出ください。
確認審査をして頂く各委員様に申請予定状況の事前連絡を致します。

2.申請期限

2017年11月10日 (⾦)でお願いします。
(確認図面や光学特性など一式を添付しての提出をお願いします。)

3.対象標準

JIL5004-2015 (2016 年版)

4.作図基準

ガイド A109-2015( 公共施設用照明器具確認図作図方法 )

5.申請時提出資料

様式 1~7による。(様式2は変更確認依頼申請時に提出)

提出資料(ダウンロードできるもの) 提出内容
様式1 公共施設用照明器具確認図 新規確認依頼申請書(XLS) 1部(書面提出)
様式2 公共施設用照明器具確認図 変更確認依頼申請書(XLS) 1部(書面提出)
様式3 〔新規・変更〕申請機種一覧表(XLS) 2部(書面提出)
様式4 申請図面 
図面枠フォーマット:DXF
図面様式の説明:PDF)  
2部(書面提出)
様式5 様式
5-1
公共施設用照明器具・照明率及びグレア(一般)特性確認申請書(XLS) 1) 1部(書面提出)
2) エクセルデータを事務局宛にメール送付
注) 申請しない機種は空白のままとし、データ削除しないこと
各機種の光学データ(参考資料_光学データの例参照) 1部(書面提出)
様式
5-2
指定機関による光学特性 公共施設用照明器具・照明率及びグレア(一般)特性確認申請書(XLS) 1) 1部(書面提出)
2) 同エクセルデータを事務局宛にメール送付
注) 申請しない機種は空白のままとし、データ削除しないこと
指定機関による証明書(※貴社取得のもの) 1部(書面提出)注)複写でよい
指定機関による証明書より計算した各機種の光学データ
参考資料_光学データの例参照)
1部(書面提出)
様式6  JIL5004 公共施設用照明器具図面確認表(XLSX)  1部(書面提出)
(申請機種に○を記し、社名のみ記載)
注) 提出資料の項目欄へのチェック(記入)は不要ですが、事前に適合の確認は実施ください。
様式7  公共施設用照明器具確認図(XLS) 1部(書面提出)
参考資料 公共施設用照明器具確認業務の申請手順について(PDF) 
公共施設用照明器具対応機種一覧表(記入用紙) 20171005(XLSX)
 ★ 様式1~7/参考資料の一括ダウンロード(ZIP)   

6.図面の有効期間

2018年1月1日~2019年3月31日まで

7.申請手数料について

申請手数料は、申請図面や申請書類など確認後に請求書を発行します。

間合せ先

(一社)日本照明工業会 認証部 TEL 03-6803-0501
山田:yamada@jlma.or.jp 田中:tanaka@jlma.or.jp 福盛:fukumori@jlma.or.jp