赤信号! 長期使用照明器具

10年経過した 照明器具は赤信号! 点検と交換が必要です。

毎日、なにげなく使用している照明器具。
耐用年数の限りがあるにもかかわらず、案外見過ごされているのが現状です。10年を過ぎた照明器具は、外観だけでは判断できない器具の劣化が進んでいます。
例えば、器具内の安定器が絶縁劣化によりまれに発煙事故に至る場合があります。
安全性の面からも早めに点検と交換をご検討ください。

※昭和47年以前の安定器には、PCBを使用したものがあります。すでに約45年以上も経過していますので、早急に交換が必要です。

現在お使いの照明器具に、こんな現象は出ていませんか?

 
 
 
 

劣化

このような劣化が現れていませんか?
点検・交換をお願いします。

なんら問題がないように見える照明器具でも、10年を過ぎた照明器具は、内部では劣化が進んでいる場合があります。
下記1~5の点検をお願いします。

1器具(錆・変色)

屋外器具の錆の例:屋外塩害地域への設置により、器具表面の塗膜がはがれ落ちています。

2磁気式安定器

熱によって銘板が変色しています。

 

劣化の進んだ安定器の内部例:ビニル電線被覆が熱のために変形し、もろくなっています。

 

安定器巻線部表面のエナメル被覆は、熱劣化のため硬化し、部分的にハクリが発生しています。

3ソケット

ソケットの汚損がひどく、クラックも入っています。更に内部の導電板も著しく酸化しています。

 

ソケットが熱劣化により変色しています。ひび割れから破損に至り、ランプが落下する危険があります。

 

クラック拡大写真

4蛍光ランプ

ランプのフィラメント付近が黒化し、放電性能が低下しています。

5器具内部電線

表面に亀裂が認められ絶縁性能が低下しています。

長期使用器具

非常に稀なケースですが
下記のような事例があります。

1ソケット(ソケット溶解)

寿命末期の蛍光ランプの異常発熱により、ソケットが溶けたもの。

2磁気式安定器(安定器レヤーショート)

【左】長期使用によりコイルレヤーショートから短時間の異常発熱によりコイル断線(不点灯)したもの。
【右】コイルレヤーショートから焼損に至ったもの。

3ハロゲン器具(ランプ破壊)

非常に稀なケースですが、ハロゲン電球では、定格寿命を超えて使用すると、黒化などの原因で破損に至る危険があります。

  • ※破損した場合の怪我を防止する為に、まだ点灯していても定格寿命を経過した電球は交換をおすすめします。
  • ※電球の包装に下記の記載がありましたら、ご使用の器具の保護シールドの有無を確認ねがいます。保護シールド(前面ガラス等)がない器具は、ご使用期間が約15年を過ぎている器具が多いので、リニューアルをおすすめします。
  • 電球包装記載例保護シールド(前面ガラス)のついた器具でご使用ください。
4コンデンサ(絶縁破壊)

内部素子の絶縁破壊によりコンデンサケース内圧が増大し、ケースが破壊したもの。

5電解コンデンサ(ミスト発生)

電子安定器の電解コンデンサ内の電解液が霧状になり放出し、コンデンサ上部が膨れ上がったもの。

6ポールの地際に孔があいた状態
7道路灯の部品が錆びた状態
8道路灯の塗装が劣化した状態

照明器具の交換目安は約10年です。

古くなった照明器具は早めに取り換えるのが一番ですが、JIS(日本工業規格)では、交換の目安を約10年としています。

● 照明器具の適正交換時期の目安

使用時間 3,000時間/年(10時間/日)
主な用途 事務所、工場(一般)、店舗
使用条件 電 圧 定 格 105%
温度(℃) 30以下 40 30以下 40
交換時期(年) 10 5 7 3.5

※次の条件で使用されますと絶縁材料の温度上昇が大きくなり器具寿命が短くなります。
●電源電圧が105%を超えるもの。 ●周囲温度が40℃を超える場所。
●裏面にガラスウールなど断熱性の材料を用いた天井面に取付けたり、埋込み器具背面を断熱性の材料で覆う場合。(断熱材で覆われる場合は、断熱施工器具をご使用ください。)
●10時間/日 を超えて点灯する場合。
〔●JIS C 8105-1「照明器具-第1部:安全性要求事項通則」から抜粋〕