検索

JLMAサイト内を検索

HOME > 認証

認証

一般社団法人日本照明工業会では、安全性上特に重要である誘導灯、非常用照明器具、埋込み形照明器具について、業界として信頼性の高い製品を世の中に提供するために、認定・評定・製品登録の業務の一部または全部を行っています。

誘導灯認定業務

消防法で規定されている誘導灯について、総務大臣の登録認定機関である(一社)日本電気協会の「誘導灯認定委員会」が行う誘導灯及び避難誘導システムの基準の制定、事業者登録、型式認定並びに認定証票の発行、事業者立入調査、買い上げ試験の実施等の業務を協力して実施しています。

詳細「誘導灯の認定情報」

非常用照明器具自主評定業務

建築基準法で規定されている非常用の照明設備のうち、非常用照明器具について「非常用照明器具自主評定委員会」を組織して、基準の制定、型式評定、事業者立入調査、買い上げ試験の実施等の業務を実施しています。

詳細「非常用照明器具評定情報」

埋込み形照明器具の自主製品登録業務

S形ダウンライトを含む埋込み形照明器具について、「埋込み形照明器具管理委員会」を組織して、基準の制定、事業者登録、製品登録、事業者立入調査、買い上げ試験の実施等の業務を実施しています。

詳細「埋込み形照明器具登録情報」

公共施設用照明器具業務

各省庁や自治体の建物で主に使用される公共施設用照明器具について、「公共施設用照明器具標準委員会」および「照明器具小委員会」を組織して、各省庁や自治体からの要望に沿った照明器具の標準仕様の設定を行います。
また「確認業務小委員会」を組織して、製造事業者から申請された確認図や光学データなどが関連規格に適合していることを確認する業務を実施しています。

詳細「公共施設用照明器具確認業務」

詳細「公共施設用照明器具対応機種一覧表」