検索

JLMAサイト内を検索

HOME > 安全 > 防災照明器具の保守・点検 > 修理・改修業者様向け情報

修理・改修業者様向け情報

「誘導灯の種類と点検方法の紹介」動画

「誘導灯の種類と点検方法の紹介」動画

誘導灯の種類と自己点検機能を紹介しています。

詳しく見る

点検の概要

誘導灯・非常灯は法令に基づき、非常時・災害時に備えて確実に避難誘導できる機能が維持されなければなりません。なお法定点検は定められた基準に従い行なってください。

目視確認

ランプの点灯、本体や表示版などの外観の汚れを確認してください。

充電モニタの確認

充電モニタ(緑色LED)が点灯しているかを確認してください。充電モニタが消灯している時は、バッテリーが充電されていません。消灯の原因を確認の上処置してください。

性能確認

非常点灯の性能をチェックする時は、十分(誘導灯 24時間・ 非常灯 48時間)充電したのち常用電源を遮断して非常点灯 に切り替えてください。誘導灯は20分・非常灯は30分経過後、 非常点灯しているか再び確認してください。

充電モニタが点灯しない時および非常点灯が誘導灯は20分・ 非常灯は30分持続しない時は、バッテリー交換など適切な処置をしてください。

図
  充電モニタ(緑色LED)
点灯 正常
消灯 バッテリーが充電されていない (電池コネクタ外れなど)
点滅※ 充電時の電池電圧不足 電池寿命

※自動点検機能付の場合

〈参考〉自動点検機能

制御装置等の外部信号あるいは器具に設けたスイッチ操作により、規定の時間非常点灯させた後、バッテリー寿命等の確認結果を モニタ(LEDなど)でお知らせする機能です。従来の点検スイッチでの確認と比較しますと、点検作業の大幅な省力化が図れます。

図
図

補修・改修について

誘導灯はJEA誘導灯認定委員会の認定品です。非常灯は非常用照明器具自主評定委員会の評定品です。ランプ、バッテリー、誘導灯表示板など補修部品の交換は取扱説明書などを参照し、行ってください。部分的な改修や改造は上記委員会の認定品、評定品と異なることになりますので禁止されています。改修する場合は、器具毎の交換をお願いします。

誘導灯・非常灯の寿命

  • 適正交換時期を過ぎた器具は、万一の劣化によるトラブルを考慮して、 早めの点検や交換をおすすめします。

劣化診断について

ご使用いただいている誘導灯器具や非常用照明器具の劣化進行による不意の機能不良を避けるためのチェックシートです。

小形ニ次電池回収協力のお願い

ご購入または各メーカーの取扱説明書やカタログ等を参照していただき、お問合せをしてください。
リサイクルにご協力をお願いします。

掲載されている内容は2016年4月現在の情報です。